FX TOP

外国為替売買の基本


外貨投資売買の基本
外国為替投資売買の基本は、購入した外貨を為替レート(通貨と通貨を交換するときの値段)が上昇する機会を見計らって売買し、利益を得ることです。

輸入や輸出をすると、代金を受払いするために、自分の国のお金と相手の国のお金とを交換しなければなりません。

日本とアメリカの場合は「円」と「ドル」を交換することになり、1ドルと交換するには何円を払わなければいけないかを表しています。

この為替レートの変動を利用し「1ドル=120円」で米ドルを買い、「1ドル=125円」になったとき売ると差額の5円が利益となります。

つまり、日本円では円高で買い、円安で売るということが利益を得る大原則となります。

円高・円安とは
外貨に対して、日本円のほうが価値が高くなった状態を円高、逆に価値が低くなった状態を円安と言います。

ドル円相場で、「1ドル=120円」で取引されている場合は、「1ドル買うためには、120円必要」という意味になります。

そこから、為替レートが変動し「1ドル=110円」になった場合、1ドル買うために必要な日本円が少なくなり、ドルの価値が下がって円の価値が高くなったといえます。この状態を円高になったといいます。

FX 円高・円安

「120円が110円になり、価値が下がったので円安では?」と思われがちですが、そういう方は、120円だったドルが110円で買える⇒ドル安⇒円高と理解するといいでしょう。

ちなみに、逆に110円⇒120円になった場合が円安です。

為替レートの変動要因
為替レートは、基本的にその通貨を買う人が多ければ上昇し、売る人が多くなれば下落します。

各国の経済指標や要人発言、天災や戦争などの様々なニュースが投資家の投資判断に影響し変動の要因となります。

しかし、変動要因は1つだけとは限りません。また円高要因と円安要因が同時に存在する場合もあり、将来の為替レートの変動を読むことは大変難しい事といえます。

戻る TOP 進む

©FX初心者マニュアル