FX TOP

FXの歴史


FXは、1998年の外為法の改正で、それまで法人でしか取り扱えなかった為替取引が個人にも開放されることになり、開発された外国為替の投資手法です。

ところが、当時はFXを規制する法律が存在せず、一部の悪質な業者により、詐欺まがいの行為等が行われ、一般投資家に被害が続出しました。

そのため、2005年7月よりFXを規制する改正金融先物取引法が施行され、取引業者は金融庁への登録が義務付けられたことにより安心して取引ができるようになりました。

さらに、2010年より施行されたレバレッジ規制により、それまでのFXのセールスポイントでもあったレバレッジは縮小されましたが、 FX取扱業者がFXを衰退させないために企業努力をした結果、現在はより安全で安心できる取引が可能となっています。

また、以前は自宅でパソコンを見ながら取引をするか、外出先では携帯の小さな画面で情報量の少ないなか取引が行われていたFXですが、 現在ではスマートフォンやタブレット端末の普及などにより外出先でも取得できる情報量が大幅に多くなり、リアルタイムで為替状況を確認しながら、 手軽に空いた時間に取引のできる外国為替取引として再度注目されています。

戻る TOP 進む

©FX初心者マニュアル