FX TOP

FXの注意点


証拠金の維持
FXでは取引している金額に対する証拠金の維持率が決まっており、常に一定以上キープされていなければなりません。

この証拠金維持率は取引会社によって異なりますが、一般的に50%を下回ると「マージンコール」という警告が発動し、追加の証拠金(追証)を求められます。

ここで証拠金の追加ができず、20%を下回るとロスカット(強制決済)され、そこで損失が確定します。

マイナス面の把握
FXは利益が確約されるものではありません。

金融先物取引であるFXは、小額の証拠金で多額の取引を行うことができる、レバレッジ効果のある取引です。
相場等の変動により、多額の利益を得る反面、多額の損失を被る危険性があります。

取引の仕組みや危険性について十分に研究、理解の上、元手資金に余裕を持たせ慎重に取引することをおすすめします。

戻る TOP 進む

©FX初心者マニュアル