FX TOP

失敗しない為のコツ

余裕資金を持とう

投資家にとって余裕資金を持つことは大切です。

余裕資金とは、ある一定期間使うことなく置いてあるお金、また使わなくても生活に支障を来たさないお金のことです。

FXでは、追証が発生した場合に、証拠金を入金できなければ取引を強制終了させられます。

そうならない為にも、自分に合った取引を心がけ、余裕資金には、追加で証拠金を払っても、まだ手元にお金が残るほどの余裕を持たせることが大切です。

損切りをしよう

損切りは、FX投資において非常に重要な投資方法の一つです。

利益を得ることも大切ですが、損益を抑えることはそれ以上に大切です。

早めに見切りをつけ、きっぱりと損切りしてしまうのが得策です。少しのためらいの為に損切りができずに損失を拡大させ、コツコツ積み上げてきた利益をたった一つの大きな損失で失う可能性があります。

損失を最小限に抑えることが長期的に安定した収益を上げるためにも非常に重要です。

悪質業者に注意!

FX取引業者に証拠金を預けるということは、大切な資金管理を取引業者に任せることです。

もしも、FX取引業者が経営破綻により倒産したり、証拠金を持ち逃げされては大変です。安全に大切な資金を運用する為にも業者選びは非常に重要です。

業者の中には、顧客の財産を信託保全し、信託銀行に預けている業者もあります。そういう業者であれば、仮に業者が倒産してしまったとしても、顧客の証拠金は保全され、無事に手元に返ってきます。

以前に比べて法整備も整えられ、信頼できる業者が増えたFXですが、悪徳業者がなくなったとは言い切れません。

企業情報などをしっかり確認した上で取引業者の選択は慎重に行いましょう。

分散投資をしよう

ひとつの国の通貨だけに集中投資すると、その国の経済状態が悪化した場合、通貨が暴落し損失を生むリスクがあります。このリスクを回避するためにも分散投資をしましょう。

分散投資とは、投資資金を複数の投資対象に分けて投資し、通貨全体の値動きを整え、リスクを低減させることです。

ただしFXでは、円を売って外貨を買っていた場合、円高が進むとすべての外貨において円高が進むことが多いので、分散投資の効果は高いとはいえません。

しかし、円/米ドル取引と共に、ユーロ/米ドル取引をするなど対円以外の通貨ペアへの投資を行うことにより、ドル安・円高が進んだ場合、 円/米ドルの取引で損失が出たとしても、対円以外の通貨ペアへの投資で利益が生じていれば、リスクを低減させることができ、分散投資の効果を得ることができます。

レバレッジ率に注意

FXは、レバレッジ大きくすることにより大きな利益を得ることが可能ですが、その分損失も大きくなります。

例えば、証拠金100万円でレバレッジ10倍の1000万円(=10万米ドル)の取引をした場合。

購入時の「1ドル=100円」から「1ドル=95円」の円高になってしまったら、レバレッジを利かせていなければ「5円×1万米ドル=5万円」の損失ですが、10倍の取引であれば「5円×10万米ドル=50万円」の損失となります。

50万円の損失は、証拠金100万円から差し引かれ、証拠金は50%以下となり追証を求められることとなります。

初心者の方は、レバレッジがリスクも高めることを理解し、取引に慣れるまでレバレッジは低めに設定することを心掛けましょう。

主要国通貨から

流動性が低い(流通量の少ない)通貨は、主要国の祝日などで外国為替市場で取引量が少ない場合、取引が困難になる可能性があります。

また、主要国通貨などの流動性の高い(流通量の多い)通貨に比べて情報量も少なく初心者向きとは言えません。

初心者の方は、対円取引の米ドルやユーロなど(主要国通貨)から取引を始めるといいでしょう。

経済情報に敏感に!

為替相場は、様々な情報によって大きく動くことがあります。

各国の経済や天災や戦争など、世界中には為替相場を動かす要因が非常にたくさんあります。

すべての事柄を把握するのは困難ですが、初心者の方でも毎日のニュースは、日本、海外に関わらず敏感になり、チェックするように心掛けましょう。


戻る TOP 進む

©FX初心者マニュアル