FX TOP

FXの税金について


FXの税金
FXで得た利益は、以前「雑所得」として総合課税の対象となっていました。

しかし、2012年1月1日以降、「くりっく365」「大証FX」と同様の申告分離課税が適用されたことにより、 個人の所得額とは関係なく、税率は一律20%となりました。

また、「東日本大震災からの復興の為の施策を実施する為に必要な財源の確保に関する特別措置法」に基づき、 2013年1月1日から向こう25年間に渡り「復興特別所得税」が課せられることになりました。

この期間の税率は「一律20.315%」(所得税15%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)+住民税5%)となります。

2013申告課税

損益通算について
損益通算とは、取引によって発生した利益と損失を、その他の雑所得と合算し控除することを言います。

いままでは、店頭FX取引で利益を出して、その他の市場デリバティブ取引で損失が出た場合、損益通算をすることができませんでした。

しかし、税制改正によって、2012年1月以降は、店頭FX取引の損益と、 市場デリバティブ取引などで発生した損益の通算が可能となりました。

繰越控除について
損益通算しても控除しきれなかった損益を翌年に発生した利益と相殺することを繰越控除と言います。

今までは、店頭FX取引で発生した損失はこの繰越控除を行うことができませんでした。

しかし、税制改正により2012年1月以降は、損失が出た翌年以降3年間に渡り、 その損失額を繰越控除することが可能になりました。

ただし、損失の繰越控除の適用を受けるには、損失が発生した年を含め毎年確定申告をする必要があります。

戻る TOP 進む

©FX初心者マニュアル