FX TOP

他投資との比較


外貨預金との比較
「外貨預金」とは、日本円以外の外国のお金(=外貨)で預金することです。高金利の外貨で預金をし、金利を得ることで利益を出します。

【スワップポイント】
FXではスワップポイントという通貨間の金利を受け取ることができます。この金利は外貨預金とは異なり、1日単位で利息を受けることができます。

【取引コスト】
外貨預金で取引にかかるコストが1ドル=1円必要なのに対し、FXでは、1ドル=数銭〜数十銭で取引できます。

外貨預金で利益を出すには、高金利の外貨で取引するとよいのですが「金利が高い=取引コストが高い」という特徴があります。
それに比べFXでは取引コストが安い為、スワップポイントとの差で外貨預金よりも利益が得られると言われてます。

株取引との比較
株取引とFXでは必要な情報量に違いがあります。

【チェック項目】
株で収益を上げるには経験と知識が必要です。銘柄選び・売買の時期・保有銘柄の財務状況からの決算予想・各種チャートなど見逃せないチェック項目が山積しています。

それに対しFXでは先の予想という事は同じですが日々の値動きには大きな理由があり、国際情勢や要人発言などニュースをチェックすることでわかることも多くあります。

【投資対象】
株式の銘柄数に比べるとFXの投資対象となる国の数は、はるかに少なく、それに為替は固有銘柄と比較にならないほど多くの人が取引してる為、チャートや理論通りの値動きを見せやすく、不確定要素が低いと言えます。

【レバレッジ率】
同じレバレッジを効かせられる株の信用取引が約3倍程度なのに対し、FXでは10倍以上が主流なので小額でも大きな利益を得られる可能性があります。
FXと株のレバレッジ比較

※レバレッジの規制により平成22年8月1日から1年間はレバレッジの上限は50倍、平成23年8月1日からは上限が25倍になります。

戻る TOP 進む

©FX初心者マニュアル