FX TOP

ニューヨーク時間攻略講座


ニューヨーク時間を知る
ニューヨーク時間とは、アメリカ金融機関の中心であるニューヨークを含む地域の昼のオフィス時間のことです。 日本時間では、夜22時〜翌朝6時までの時間にあたります。冬時間には1時間遅くなる特徴があります。

ニューヨーク時間は、日本人が仕事が終わったあと取引できる時間帯として人気のある時間です。
ニューヨーク

活発な時間帯は?
日本時間の昼間は平均的に値動きが小さく、ロンドン市場が動き出す日本時間の16時くらいから為替の動きが活発になってきます。

その後、いったん値動きは落ち着きますが、ニューヨーク市場が始まると再び活発になり、日本時間の2時頃には落ち着きます。

ニューヨーク時間の特徴
毎月第一金曜日に「米雇用統計」として、アメリカの失業者数、雇用者数の増減が発表されます。 アメリカの金融政策は世界経済に大きく影響します。 その為、雇用統計が発表される週は、為替投資家が様子見をして売買を控えるので、 発表前々日あたりから為替の変動が小さくなりやすいです。

ユーロに比べるとアメリカは、急変の恐れが少ない為替と言えます。 動きもわかりやすくFX初心者の方にはニューヨーク時間中心の取引をオススメします。

具体的な投資方法
人それぞれ為替相場を見ていられる時間があると思います。 短時間しか見ていられないという方には、スキャルピングという超短期取引がいいでしょう。 逆に、1日2〜3回の取引をして数日から1週間先に利益確定を狙う取引方法もあるので自分に適した取引方法で挑みましょう。

どちらの取引方法を選択するにしても、ポジションを持つ前に、 その前の2、3週間程度の為替の大きな流れをあらかじめつかんでおいて下さい。

特にニューヨーク時間は、為替を大きく動かせるような経済指標が多くあります。 また、世界中の投資家が注目しているので発表の内容次第では大きく動く可能性も大いにあります。 為替変動がありそうな発表前後は、静観するのがいいでしょう。

しかし、トレンドが継続して伸びやすいのがニューヨーク時間の特徴でもあります。 基本的には、長期的に上昇している相場があれば、その流れに乗って買いポジションを持つと利益につながりやすいでしょう。

パソコン

■初心者にオススメのFX会社

■DMM.com証券
取引手数料 スプレッド
無料 USD/JPY=0.3銭
通貨ペア 取引単位
20ペア 1万通貨
初めてでも安心!スプレッド最狭水準!
詳細

©FX初心者マニュアル